【CarThrottle】スズキ・ジムニーVSジープ・ラングラー徹底比較!中編

【CarThrottle】スズキ・ジムニーVSジープ・ラングラー徹底比較!中編
スポンサーリンク

引き続き、英国車情報サイトCarThrottleによるスズキ・ジムニーVSジープ・ラングラーのオフロード走行比較レビューをお届けします!

【カスタムジムニー】東京オートサロンの英モーター誌の反応!前編

【カスタムジムニー】東京オートサロンの英モーター誌の反応!後編

スポンサーリンク

基本スペック比較

ジムニールビコン
エンジン1.5L ガソリン2.0-3.6L ガソリン
2.2-3.0L ディーゼル
トランスミッション5速MT・4速AT6速MT・8速AT
ホイールベース2,250mm2,460mm
全長3,550~3,645mm4,334~4,882mm
車幅1,645mm1,894mm
車高1,720~1,730mm1,821~1,901mm
車両重量1,070~1,135kg1,794~2,197kg
ドア数33-5
モデル発表2018(現行:第4世代)2017(現行:第4世代)
価格(記事内モデル)230万円前後620万円前後

内装レビュー(翻訳)

内装のレビュー

タッチスクリーンは大きさも使いやすく問題点は見当たらない。

ルビコンの内装の第一印象だが、レザー張りのハンドルは高級感があふれていてむしろ違和感があると言ってもいい。

しかし見慣れてくると、カラフルなディスプレイにクルーズコントロール、シートヒーター、セパレートデジタルACなどハイテクさにあふれていて、今度はマニュアルのギアボックスだけが異質のように見える。

 

それに比べてジムニーの内装は非常にベーシックで、シートはフラット、高級感はないが余計なものも全くなく、シンプルイズベストを貫いている。

ジムニーの決定的なドローバック(弱点、欠点)は、やはり積載性だろうか。

後部座席を倒さず使用するとなると、大きな荷物やペットを乗せることは現実的とは言えなくなってしまう。

ただ、シートを倒しさえすれば一般的な容量のラゲッジエリアが出来上がるのでお一人様のクルーズを計画するのに四苦八苦することはない。

後部座席を倒してラゲッジルームを拡大することは両方の車で可能だが、高級さを完全に割り切ったジムニーのシート背面部分は潔く全面ハードプラスチック。

汚れを気にせずなんでも積め、お手入れもスポンジで拭けばオーケーというシンプルさだ。

 

それ対し、ルビコンのシート背面は手触りのいいカーペット生地が使用されている。

そのため、ルビコンでウォータースポーツのギアや泥などで汚れるレジャー用品を車内に積む予定があるならば、ウォータープルーフのパッドやライナーを別途用意する必要がある。

 

後編へ続く

【CarThrottle】スズキ・ジムニーVSジープ・ラングラー徹底比較!後編

 

前編はこちら

【CarThrottle】スズキ・ジムニーVSジープ・ラングラー徹底比較!前編

 

オリジナル記事(記事内画像ソース):Dirty Weekender: Suzuki Jimny Meets Jeep Wrangler Rubicon

 

海外レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が気に入ったらフォローしよう
最新情報をお届けします。
Jimny Goをフォローする
Jimny Go

コメント

タイトルとURLをコピーしました